国際若石健康研究会認定 足療店 ~じゅあん~ 公式HP

若石じゅあんトップへ

さとう式リンパケアについて
「さとう式リンパケア」は、身体の「腔」を広げ「間質リンパ」の流れを促すことで、全身の痛みやコリの改善、猫背などの姿勢の改善、小顔やリフトアップなどのさまざまな効果が期待できます。


☆「腔」ってなに?
人間の身体には3つの腔があり、それぞれが主要臓器の「器」です。
『口腔』・・・顔から首までの部分。
     口唇・口峡・鼻腔で作られている空間。
『胸腔』・・・肩から横隔膜までの部分。
     心臓・肺を収容。肋骨・胸椎・横隔膜によって作られている空間。
『腹腔』・・・横隔膜より下にある大きな体腔。
       胃・腸・腎臓・肝臓・膀胱・子宮を収納。

☆「間質リンパ」ってなに?
「リンパ」は、「リンパ管」「リンパ液」「リンパ節」の3つからなっています。
さとう式リンパケアの「リンパ」とは、上記の「リンパ液」のことを指しています。
そしてさらに、さとう式が扱うリンパ液のことを詳しく説明すると。。。
“血液”と、“リンパ管内を流れるリンパ液”以外の体液を「細胞間質液」や「細胞液」などといいますが、
さとう式ではこのリンパのことを、わかりやすく『間質リンパ』と呼んでいます。
(※「間質リンパ」はさとう式リンパケアの造語です)

間質リンパの流れが悪くなると、、、
・ 細胞から老廃物等が出ていかなくなり、パンパンに溜まってしまいます。(→むくみ)
・ 老廃物が脂肪とくっついてボコボコにかたまってしまいます。(→セルライト)
・ 血流も悪くなっていて細胞に栄養がいきわたらない状態。(→肌のかさつき・しみ・しわ・くすみ・たるみ・赤らみ・吹き出物などに加え、血行不良による各臓器や器官の不調…)
・ 肩こりや花粉症も引き起こします!


~施術風景~
施術予約へ
講座予約へ